永住権・居住権業務 政府公認・実績圧倒的No1「歴史と実績」のPILIP JAM

  • 6.フィリピンが資産形成に最適な3つの理由

    フィリピンが資産形成に最適な3つの理由

    その1:フィリピンペソの強さ

    フィリピンで銀行口座を開設し定期預金を組むだけで、日本では考えられない金利の高さを享受することが可能です。 現在、近年で見ると低金利な状態なのですがそれでもフィリピンでは、年利で3.0~4.0% が一般的です。日本と比べたらとんでもない差です。 つまり、1000万円口座にいれておけば1年後に1030万円~1040万円にほったらかしで増えている計算です。日本では考えられません。 そして注目する点は、フィリピンペソにあります。金利で資産は増えたが、フィリピンペソの価値が下がってしまったら元も子もありません。為替リスクを心配されている場合もあるかもしれませんので少し説明していきます。

    通貨の強さを左右する要素というのは数多くあるわけですが、 その中でも極めて高い要素が、どれだけ外貨からフィリピンペソに両替されているのか、です。 では、フィリピンペソは、どういう状態なのか。 今日、世界中どこに行っても出稼ぎのフィリピン人をみかけるようになりました。 そして実は、彼らの大半は、稼いだお金をフィリピンの家族のもとに定期的に送金しているのです。 フィリピン人の特徴は、凄く家族愛が強い所です。

    この家族愛の強い気持ちが、母国に残した家族に、少しでも安心した良い生活をしてもらおうと、海外に出稼ぎ、定期的に母国フィリピンに送金しているのです。 これは何を意味するかというと、常に外貨からフィリピンペソへと両替されるルートが絶え間なくある、という事。 つまり、この事実から突如としてフィリピンペソが現状より弱くなるというのはかなり考えにくいというのは明らかなのです。 ましてや、フィリピン人の性格が突如として変わる、ということは極めて考えにくい点からも、 フィリピンペソが突然、弱くなるとは考えにくいです。 つまり今後も定期的に外貨からフィリピンペソへと両替される通貨の量は極めて安定して推移していくと、予測することができます。 何にせよ、発展途上中のフィリピンは、まさに今、これから伸びていく国であり、これもフィリピンペソの価値が上がる大きな要素である事は間違いないです。

    フィリピンで資産を増やすだけでなく、日本円以外の通貨で資産を保全しておくことは、万が一、日本がおかしくなった際、大半の日本人が慌てふためく中でもあなたとあなたの大切なご家族は、悠々と過ごすことができる大きな保険になるのです。 フィリピンがどのように伸びるのか、アメリカがどのようにおかしくなるのか、日本がどうなるのか、あくまで予想はたてることができますが、正確に分かる人は、この世に誰1人としていません。大体の予想はつくと思いますが。私達に唯一できることは、どんな状況になっても慌て怯えないように準備しておくことだけです。 その私達が準備できる1つの案として、成熟期を終え、衰退期に入っている日本円ではなく、これから伸びていくしかないフィリピンペソへと早い段階で切り替えていくという選択です。

    その2:保険運用

    保険商品と聞くと「なんだか危ない臭いがするな。」と感じる場合もあるかもしれませんが日本とフィリピンでは根本的に保険商品の仕組みが違います。 「フィリピンの保険商品」は下記の2つの側面があります。

    1つ目:万が一ガンなどの急な病気になった場合、保険金が支給される点。
    ※これは、日本の保険とほぼ同じです。
    2つ目:銀行口座の定期預金のような仕組みがあり資金を増やしていくことができる点。
    ※日本にはない側面

    仮に100万円の保険商品を購入した場合、定期預金のように1年後に100万円→110万円に増加していく仕組みを持ち合わせているということです。 そして、気になる金利ですが極めて安定的に約10%という高い年利で運用することが可能です。

    例えば、100万円の保険商品を購入した場合、1年後には約110万円になり、7年後に2倍の約200万円、14年後には4倍の400万円、21年後には100万円が8倍の800万円にほったらかしで膨れ上がることになります。なんと複利の力を利用し100万円の保険商品が21年後に800万円に増加している計算になります。 また、この保険商品を購入後8年目から投資した資金(配当金)の引き出しも行うことができるようになり、つまり自動でお金を産み出してくれる仕組みを持つこともできるということです。 こんなメリットの高い保険商品ですが、フィリピン永住権を所有していないと手に入れることができません。ですので、フィリピン永住権を所持する1つの強みにもなりえます。

    その3:不動産「資産価値上昇+ 家賃収入」

    フィリピン不動産を4つの観点から簡単にまとめてみました。

    フィリピン不動産の旨味1/4:何故、フィリピンの不動産なのか?

    現在、フィリピンには日本企業をはじめ、外資企業が、続々と参入してきています。理由は様々ありますが、代表的な理由は大きく2つあります。 1つ目が、人件費が安いこと。2つ目が、アジアで随一英語を使いこなせる国であることの2点です。注目すべき点は、人件費が安いというだけでなく、特にアジア随一の英語がしゃべれる国という点があげられます。 その為、コールセンターなどの英語を使った産業が発達してきています。実際に現在、南国で有名なセブ島が、世界で一番コールセンターが集まる地域となっているほどです。

    このように発展を遂げているフィリピンでは、優雅な暮らしをする人口が増えています。そして裕福な人がこぞって選ぶエリアがいわゆる「一等地」と言われるエリアです。 一等地と聞くと、ものすごく価格が高い感覚があると思いますが、フィリピンの一等地は、 まだ1坪あたり約60~70万円と、かなり安い金額で手にすることができます。ちなみに東京23区の平均坪単価は、252.9万円ですので、フィリピンと日本を比べると、フィリピンの一等地の物件を日本の約4分の1の金額で購入することができる計算です。

    フィリピン不動産の旨味2/4:高い家賃収入

    何といってもフィリピン不動産投資の魅力は、高利回りであることがあげられます。 では、実際に、利回り率は、どれだけあるのか?気になると思います。通常利回りですが、約10%です。 さらに、利回りを上げる方法として、ウィークリーマンション形式で貸すことによって1.5倍から2倍の利回り(つまり15~20%の利回り)を想定することも可能になります。 簡単に計算すると、5年もすれば、完全に投資資金を回収し、その後は、半永続的に収益を生みだしていきます。 しかし、不動産投資において、利回りの高さが、重要視される傾向がありますが、利回りが高いだけでは、いい不動産投資とは残念ながらいきません。いくら満室時の利回りが高かったとしても、空室率が多ければ、宝の持ち腐れになってしまいます。

    では、空室率はどうでしょうか? 空室率を減らす大きな要因の1つは、そのエリアに実需があるかということですが、実際に人口の増加などにより住居の供給が足りていないのが現状です。つまり、これは空室のリスクが非常に少ないことを意味します。とくに超一等地のエリアは、需要があり、企業に貸すことも可能です。 物件を企業に貸し出されば、1年分の家賃を前もって入金される場合が多いので、オーナーにすると、資金を有利に使うこともできる点は大きなメリットではないでしょうか。

    フィリピン不動産の旨味3/4:物件価値の上昇

    年々、上昇傾向にあります。特に2008年は9.3%の物価上昇をしています。 日本は昨今では非常に稀な動きをしておりますが、基本的におおよその国は、毎年、インフレになっていきます。 インフレになるということは、つまり物価価格が毎年、上昇していくことなり手元の現金の価値が薄れていくことを意味します。それと同じような原理で、フィリピン不動産価格も毎年、ほぼ確実に値上がりしています。 ※日本では基本、物件価値は年々下がっていくのが一般的です。 ここで注目すべき点は、インフレ率よりも不動産価格の上昇率の方が高い、ということです。 現地フィリピンの富裕層は、例外なく、現金で持っておくと目減りする為、いち早く不動産に替えている事実が物語っているのではないでしょうか。

    ※ 昨今、プリセールという日本にはない販売方法(竣工する前に販売が開始される販売方法)にて多くの日本の業者が、日本の方々に値上がります、という謳い文句を武器に、販売を行なっておりました。しかし、現状、販売が過剰になっており、売却したくても希望の価格で販売する事はほぼ不可能な状況が数多く見受けられ、つまり多くの場合、現状はそこまで値上がりが見込めず、逆に早く手放したい場合は購入金額より金額を下げて売却を余儀なくされる事も多いに考えられます。あくまで長期運用を視野に入られた上で投資されるのが良い状況だと判断しております。そして、しっかり物件を精査された上で購入する必要がある状況かと思います。

    フィリピン不動産の旨味4/4:格安でリゾート生活

    定年後(リタイヤメント)の将来の住む場所を考慮にいれ、早めに物件購入する方も最近では多くなってまいりました。 フィリピンは非常に物価が安く日本からの距離も意外に近く、3時間半で着いてしまう隣国です。日本と距離も近く気候も年中ポカポカ温かいので、日本人がのんびり暮らすには最高の場所です。 それで将来を見据え、住むことを目的とされている場合は、当社がオススメしている場所は、 セブ、ボラカイです。 セブは日本人の馴染みのある南国のリゾート地で、比較的有名な場所です。ボラカイは、まだまだ日本人には馴染みがありませんが数年前に世界一キレイなビーチとして表彰されているくらいキレイなところです。 セブもボラカイも日本人の私達にとり安全に生活できます。またセブでは、日本人コミュニティーも充実しています。どちらも、のんびり暮らすには、本当にお勧めの場所です。何より海が綺麗で、余計な心配をせず、南国生活をおくることが可能な地域です。

    ここで不動産を購入する、という選択もできます。しかも永住権を取得しておけば、好きな時期にいつでも自分のフィリピンの家に行き、好きなだけ滞在することができます。日本の寒い時期12~3月は、セブ・ボラカイに滞在するというのも良いのではないでしょうか。 また2~4月の花粉の時期、花粉症の方はつらい時期ですが、フィリピンは、杉がないため花粉症に悩まされることもありません。ですので花粉症で日々、悩まされている場合は、この時期だけフィリピンにいて快適に過ごされるのもいいと思います。 今すぐリタイヤメント生活をするわけではないという場合も、将来のリタイヤメントで住む為の物件として、前もって物件を購入しておく、そして実際にその家に住むまでは物件を貸し出しておけば家賃収入を得ることもできます。 PIliP Propertyでは、客付けから家賃の徴収まであらゆる物件管理を一元で行っております。もしご興味ある場合はフィリピン不動産一元管理にて詳細をご覧ください。

    マスコットこの記事をシェアする

今話題/人気の記事

フィリピン永住権に関することは何でもお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

会社概要

弊社はフィリピン永住権取得サポートをしており、フィリピン政府・フィリピン退職庁・フィリピン観光省の公認を受けております。 「日本の将来が不安」や「フィリピンに住みたい!」などフィリピン永住権を取得したいと考えている方に永住権取得を万全サポートをしております。 フィリピン永住権取得は日本人全取得のうち86%以上をサポートする圧倒的No.1の実績を誇る弊社にお任せください。 くわしくは会社概要まで。

弊社風景

フィリピン永住権のことは弊社にお任せください!

フィリピン永住権をもっとよく知る

  • 日本人にとってフィリピンが良い8つの利点とは?
  • 日本だけに頼れない3つの致命的な問題点とは?
  • 今のうちに永住権を取得した方が良い7つの事情とは
  • フィリピン永住権全14種徹底比較!
  • 永住権取得者だけに許された5つの行為とは?
  • フィリピンが資産形成に最適な3つの理由とは?

フィリピン永住権・不動産情報をお届けする目的以外には一切使用しません。ご不要の際にはただちに購読解除をすることができます。

さあ、日本だけに依存しないより開かれた生き方を。

弊社では日本・フィリピンの両サイドから怪しいや危ないといったフィリピンのイメージを払拭する如く、
お客様に少しでも安心・安全・迅速にフィリピン永住権を取得できるよう日々、お手伝いをさせて頂いております。
「安心かつ安全に、できるだけ楽に永住権を取得したいなあ」とお考えの場合は、まずはお気軽にご相談ください。
弊社がきっかけとなり、より豊かな生活をお過ごし頂ければ、大変光栄に思っております。
フィリピン永住権実績圧倒的No.1のPILIPが自信を持ってご提案させていただきます。

お問い合わせ・資料請求をする

PILIPという会社はどんな会社?

Facebookでも最新情報をゲットしよう!

フィリピンの最新情報や知ってと得する情報、知って驚くような情報を発信中!

フィリピンに関して「実際はどうなの?」という部分を
慎重に紐解き中立な立場でフィリピンのリアルな情報を
発信しています。さっそく「いいね!」をして最新情報
をゲットしましょう!